情報商材やらに色々と手を出した

ヤフオクでもっともっと稼ぎたい!!という欲が溢れ出ていた当時の私は、色々な物に手を出しました。
先に結果を言ってしまうと・・どれも、あまり必要なかったです。
でも、色んな意味で良い勉強にはなりました。

実践的に1番役に立ったのは、最初に買った本くらいですかね。

sponsored link

「オークションで稼ぐ方法」的な書籍を購入

もともとは、まったくの独学でオークションをやってました。
それでもそこそこ稼げていたのですが、

「もっと効率よく稼ぎたい」
「プロの裏技を知りたい」

と、思いネットオークション関連の本を買ってみました。
その本がこれ

発売が2005年だから、今じゃもう古いかな?って思うかもしれない。
でも、この記事を書くにあたってパラパラと読み返してみたら、そんなことはない!
今でも充分に使える内容なので、ブックオフなんかで見かけたら是非買っておいてほしいです。

しかし実はこの本で知った新しいことは、正直言うとそんなになかった。
Amazonのレビューでも「オークション初心者以外には意味がない」みたいな厳しい評価をされてます。
だからこれからオークションを始める人が読んでおけば、スムーズに売り上げを上げられるだろう。
私が唯一、勉強になったと感じたのは、エクセルでの顧客の管理方法かな。
(それまでキチンと管理していなかったので・・^^;)

筆者の西村さんは私と同じくアパレル系の出品を主にしていたので、その点は勉強になった。
私は、すべて自分の趣味や感覚で服を出品していたが、西村さんはそんな適当にはやっていなかった。
(ちなみに、西村さんは男性ですが、女物を中心に出品していたそうです。)
売れるブランドやアイテムを正しく調べれば、男性でも女物のアパレルを簡単に扱えるんだな〜と思った。
そして、この本で西村さんの紹介している仕入れ先は、私とほとんど同じでフリマやリサイクルショップがメインだった。
しかし、買い方や量は私と違ってかなり大胆です。
私がいかにチマチマ作業をしているのかがよくわかりました・・

私はこの他にもネットオークション本を買いましたが、どれもいまいちな内容やどれも似た様な内容だったので紹介はしないでおきます。
「楽して月に○百万円稼ぐ!」とかいう夢の様なことをうたっているモノは、やめた方がいい・・。

無料の情報商材は危険!!!

muryo

ネットビジネス系の情報はネット上に溢れかえっている。
オークションのネタもたくさんある。

実は私はそういった情報に疎い方だったのだが、前回のオークション本を買って以来、ネット上の情報にも興味を持ち出した。
まず最初はフリーのメールアドレスを取得して、ネットオークション関連の無料商材を片っ端から読み始めた。

普通に売られてる本と変わらないくらいの濃い内容の無料商材がたくさんあって驚いた。
海外オークションの方法やら、売れているものリストやら、狙いの福袋情報なんかも・・無料で読める。
まぁ、全部が全部すばらしい内容ってわけじゃないけど、そんなに大きなハズレも無かった。
ハズレであっても無料だから、なんの問題もなし。

しかし、この無料商材ってのは、次から次へとダウンロードしちゃって、読み終わらなくなる。
読んでいるだけで時間が無くなる。
しかも、読んだだけで何かを達成した様な気分になる、そしてメインの出品作業をする気力がなくなる。
おかげで、メインのオークション作業の時間が少なくなってしまった。

恐るべし無料商材・・

そして、あれだけたくさんの無料商材を読んでも、身に付いた物は一つもなかった。
結局「無料」だと思うと、気合いも入らず流し読みになってしまうからかな。
無料商材にはくれぐれも気をつけて下さい。
ハマると、時間と気力を奪われます。

なので、紹介したい無料商材は無いことはないんだけど・・やめておきます。

有料の情報商材を買ってみた感想

yuryo

無料商材漬けから私を救ってくれたのは有料商材でした。

無料でもこんなに良い情報だらけなんだから、有料はとてつもなく凄い情報が載っているんじゃないか?
と、単純に思ったのです。

しかし、有料商材はどれも値段が高すぎる!!
1万円を超える情報商材に気軽に手を出せないでいた。

しかし、ある深夜のこと。
多分、夜も更けて来てナチュラルハイな状態になっていたのでしょう。
いつもの様に無料商材地獄にハマっていた私は、ふと有料商材を買ってみようか、と思ってしまったのです。
もう、無料商材ばっか読んでないで、有料の物をひとつドーンと買って稼いでみよう!と思ったのです。

その時に私が買った商材は(正式なタイトルは忘れましたが)「1円でも売れない商品を売る方法」的なものでした。
どんなジャンルでもどんなに価値のないものでも、売ることができますと宣伝していました。

決め手は「万が一満足がいかない内容だった場合は返金もします」の部分でした。

そこまで言うってことは、内様に自信があるんだな!

と、思ったのです。
今思えば、典型的なカモですよ、私。
(後に知ったのですが、情報商材の返品率はせいぜい10%程度なので、返金保証をうたって客を食いつかせる方が儲かるんだとか。)

そして、2万円くらいするオークションの情報商材をクレジットカードで購入。

さあ、有料情報はどんなものか!!!!

↓↓↓↓↓↓↓

結果・・
zetubou

もう、何年か前の物だから、言っても問題ないと思うので書いてしまいますが、
内容は簡単に言うと「商品におまけをつける」というものでした。
その「おまけ」は「情報商材」や「素材集」など。
そして、その「おまけ」はこちらからダウンロードしてください!的な・・
そのダウンロード先のモノは全文英語で書かれてるレシピ集だとか「誰がそんなの欲しいんだよ!」ってものばっか。

ああ、もうこれ返品だな。

って、その前に一応オークションを確認してみました。
私と同じ商材を購入して、この「おまけ戦法」を使っている人を検索してみたんです。
そしたら結構、出てきました(笑)
しかし、結果は言うまでもなく、入札者無し・・・です。

だいたいどんなジャンルでもOKって書いてあるけど、服売ってるのに「南の島のイメージ集」とかおまけにつけられても困るでしょ。
つーか、そんな出品者は怪しくて、私だったら落札したくない。

そんなことを返品理由のメールに書いて送ったら、「でも実際にそれで売れているのは事実です!」的な強気な返信がきました。
しかし、とにかく返金してもらいました。

手数料が千円くらいかかっちゃったけど、良い勉強にはなりましたよ。
そして、それ以降「情報商材」には興味が無くなっていきました・・

だから、結果良かったのかな、無駄な時間を使わない様になったから。

オークション塾に入ってみた

juku

有料の情報商材で懲りたはずなのに、数ヶ月後にはまた無料情報商材を読みあさる病を再発させていた。
そして、また有料の商材に手を出しかけていた・・
しかし、ふと我に返り、有料の情報商材は思いとどまった。

そのかわり、有料のオークション塾に入会した(笑)

私が入会したのは、以前に買った本の著者でもある西村さんのオークション塾(NAAと言います)。
前々からその存在は知っていましたが、どうもそういったネットビジネスの世界に抵抗があり、踏みとどまっていました。
しかし、出所もわからない有料の商材に数万円だすなら、ちゃんと本も出してる西村さんとこのNAAに1ヶ月だけ入ってみよう!
1ヶ月5000円だから、よくなかったら1ヶ月でやめちゃえばいい
と思ったのです。

そして入会。

そこでは、私が手を出せずにいた種類のオークションについて教えてもらったり、売れる商品リストを貰ったりといった即売り上げに繋がる情報を貰ったり、
オークションをする上で一番重要な(と私は考えている)写真の撮り方について、教えてもらったりなどなど・・
なかなか充実した内容でした。
特に写真の撮り方については、勉強になりました。

しかし、実際に塾で習ったことが売り上げに繋がったかというと・・NOです。

私の場合は、人のやり方を真似てやるよりも自分のやりやすい様にやった方が稼げました。
むしろ、普段は手を出さないジャンルに手をだしてしまい損出を出してしまいました。
しかし、それらも含めて良い勉強にはなりました。

そして、私はNAAを2、3ヶ月で辞めてしまいました。
あんまり良い事は書いてませんが、詐欺やだましは一切無く、丁寧に教えてもらえました。
初心者の方には向いていると思います。

sponsored link