ヤフオクで稼ぐ方法

【追記】
2019年2月現在、メルカリに魂を売ってしまいました。
ヤフオクは全く利用していないので、現在のヤフオクの状況は分かりません…

実際に月10万円程稼いでたのは、もう10年前の話し。
けれども、今でもそのノウハウは通用すると思う。
ノウハウって程のもんじゃないんだけど。
今は不要品を売る時くらいしか、ヤフオクほとんどやってないので月に10万円も稼いでません!!
それは、何でかって??

ズバリ、

面倒くさいから

です。

この記事では、実際にどのようにネットオークションで稼いでいたのかに加えて、面倒くさい点やらも書いていくので、これからネットオークションで稼ごう!!っていうキラキラしてる人は、もしかしたらモチベーションの低下に繋がるかもしれないのでご注意です。

そして、この記事はヤフオク初心者向けです。
なぜなら、私自身がネットオークション初心者のまま10万稼いでいたからです。
裏技とか知りません。けれど、稼げました。
だから、ネットビジネスの中でも、オークションは初心者向けと言われているのには納得できます。
ホントに、すぐに結果が出ます。

ヤフオクの流れ〜出品から落札・発送まで〜

出品から発送までの手順を簡単にまとめました。
ヤフオク出品経験のある方には、何の役にも立たないので飛ばしてください^^

sponsored link

ネットオークションの種類

ネットオークションとは?
さまざまなネットークションがありますが、一番代表的なのがヤフオク(正式名称もヤフーオークションからヤフオクに変わりました)。
私が利用してたのは、ほぼ100%ヤフオクです。

logo_yahuoku_01

その他にも、有名な所では「楽天オークション」や「モバオク」などあります。

私はヤフオク以外でも、落札や出品をしてみた事がありますが、月に10万円稼ぐのは気合いがいりそうだなぁ・・って感じでした。
やっぱり規模の大きいヤフオクが初心者には向いているんじゃないかと思います。
モバオクも中々の盛況ぶりで、初心者が稼ぎやすい印象でしたが、私はあんまり詳しくありませんので今回はヤフオク体験だけを書きます。

ヤフオクは手数料やら仕様やらがコロコロと変わりますので、詳細はその都度確認する様にして下さい。
ちなみに、2016年現在のヤフオク利用料は、出品する場合はYahoo!プレミアムに入会して、月額498円かかります。
そして、落札された商品には約9%程度の手数料がかかります。

1. まずは落札してみる

ヤフオクを利用したことが無い人は、まず落札から始めてください。

お客さん(落札者)の気持ちを知るには、実際に落札してみなければわかりません。
自分が興味のある物を色々と探して、ウォッチリストに入れて眺めたり、誰かと入札を競ったりしてみてください。
そして、どんなキーワードで検索すれば良い商品に出会えるのかなんかを考えてみて下さい。

私はもともと落札者側にいたので、落札者の気持ちは割とわかっていました。

落札者として、私がオークション利用をしていた目的は・・

  • 安く買い物がしたい!
  • 珍しいもの、価値のある物を探している
  • 買いそこねたものを探している

だいたい、こんな感じでした。

主にアパレル関係の物を探す事が多かったので、検索する時は、
自分の好きなブランド名+アイテム名(ex.スカート)

などで探していました。
また、欲しい色が決まっている時は、
+色

サイズが決まっている時は(主に靴)、
+サイズ

という感じで探してました。

検索のしかたは、商品のジャンルによって重要キーワードが変わってきます。
服の場合は、やはりブランド名が強いです。
本の場合は本のタイトル以外はそんなに必要なかったりします。
また、家電の場合は型番や、何年製のものかも重要だったりします。

落札者がどんなキーワードで検索するかは常に考えていました。
また、その商品の相場も最初は細かく調べていました。

調べる方法はオークファンというサイトを使います。

▶︎ ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン

無料会員でも充分使えるので、ブックマークしとくのがオススメ^^

2. 出品の準備

ヤフオクに出品するには、まずヤフープレミアムへの登録が必要です。
その後、本人確認をします。
だいたい書類が届いて、本人確認ができるまで数週間かかります。
今は「モバイル確認」という電話番号で確認する方法あるので、そっちの方が早くて良いかもしれません。

さて、これでヤフオクに出品はできます。

次に出品するのに必要なものは・・

  • 出品する商品
  • 商品の写真(デジカメで撮ります)
  • 梱包材

商品を送る際に必要な梱包材は、家にある紙袋やビニル袋でOK。
慣れてきて足りなくなったら、専用の梱包材を買えば良いんです。

次にヤフオクに出品する詳細を考えます。

  • 商品の詳細(サイズや色などのスペックと説明)
  • 出品価格を決める
  • 振込方法や発送方法を決める

商品についての説明は、サイズなどをできるかぎり正確に測って記載します。
そして、型番やブランド名なども正確に記入する。

出品価格は重要なので、相場をオークファンなどで調べるのが良いのですが、とりあえず最初は自分の思う様に決めてみるのが楽しいです。

振込方法は、最低限「ゆうちょ銀行」と「かんたん決済」があれば問題ないでしょう。
「ゆうちょ銀行」がもっとも利用者が多いように感じますので持っていない場合は、口座を作っておいた方がいいです。
その他は、自分の持っている銀行口座があれば、それも提示するようにします。

発送方法に関しては、落札者はできるだけ安く費用を押さえたいと思っている場合がほとんどなので、ゆうメール・クリックポスト・定形外郵便などにも対応した方が落札率が上がります。

▶︎郵便局のサイト

3. 出品する

実際に出品してみましょう。
そのまま、ヤフオク画面の右上「出品する」をクリックして進めば出品できます。
出品ボタン

最初はそのまま出品してみるのもいいですが、これだと多数の商品を出品するには手間がかかります。
ヤフオクで大量出品している人は、だいたい出品ツールを使っています。
無料の出品ツールも出ているので、出品ツールを使うと便利です。
ヤフオク用のテンプレートも無料で色々とありますが、やはり手間がかかるのには変わりないので、一気に出品してくれるツールをダウンロードするのがオススメです。

有名なのは@即売くんかな。

ちなみに、パソコンがwindowsではなくmacの方・・
私もmacユーザーなのですが、残念ながらmacには無料の出品ツールが(私の探した限り)ありません(ToT)
なので、私は有料(とは言っても1000円)のMac Y!A Supportというソフトを購入しました。

▶︎ Mac Y! A Support

サポートもしっかりとしていて、私のアホな質問にも丁寧に答えてもらえましたので、macユーザーの方にはオススメです。

初めはひとつの商品を出品するのに、相当な時間がかかると思いますが、慣れてくればほんの数分でできます。

4.出品中の経過観察

ログインした状態で自分の出品中のページを見ると、入札情報の他にウォッチリストの数が見れます。
私の経験だと、だいたいウォッチリストが10あれば、その商品は落札されます。(もちろんそうでないこともありますが・・)

しかし、ウォッチリストが少なかったり、0でも落札されることはあるので、オークションは終了までわかりません。

人気のある商品は、終了間際に値段がど〜んと上がることがあります^^
それを眺めている時は「いくらになるんだろう♪」と、とってもワクワクします。

だいたい夜の10時前後はネットを見る人が多くなっている時間帯なので、そのあたりに終了時刻を設定しておくと他の時間帯よりも高い落札金額になる可能性が高まります。
また、土日に終了する商品も落札金額が高くなるようです。

逆に平日の昼間終了のオークションは、あまり値段が上がらないです。
平日の昼間は、一般の人は仕事中の場合が多いので、基本的にはやめた方が良いです。
しかし、その商品が主婦層に向けたものの場合には良い場合もあります。

だから、落札する場合は、平日の昼間終了のものを狙うと安い値段で落札できます。(あんまり無いけど)

5. 落札されたら

めでたく商品を落札されたら、落札者に迅速な連絡をしましょう。

2016年現在は取引ナビの仕様が変わり、基本的には落札者からの連絡を待つ形になりました。
出品者側の情報や、発送方法・振込先の案内などを毎回送らなくても良くなったので、かなり楽です。

詳しくは公式ページで確認して下さい▶︎ 取引ナビ使い方ガイド

6. 商品の発送

入金の確認が出来たら、発送をします。
(あ、入金確認はネットでするのが楽です。今はどこの銀行でもネットバンキングサービスを行っているので、是非手続きしておいてください!)

複数の発送があるときは、くれぐれも商品がゴッチャにならないように気をつけて下さい。
私はそれで、過去に二度も送り先を間違えてしまいました・・

落札者によっては、髪の毛一本入ってただけでクレームを言ってくる人もいます。
基本的には中古品なので、そこまで神経質になる必要はありませんが、できるだけ丁寧に梱包する様にしましょう。

あとは、大量に商品を扱う様になったら、宛名書きも大変なので、すべてコピペをしてパソコンでプリントして貼る様にした方が、住所の記載ミスも無くて良いでしょう。
自分の名前や住所は、ゴム印を作っておくのも便利です。

ごくごく稀に、商品が届かないということもあります。
宅配便などの保証のある方法ではほぼ100%ありませんが、メール便や定形外郵便では稀に不着が発生するのです(@o@;)

補償の無いことを同意の上で安い発送方法を落札者に選択してもらうように注意書きはしておきますが、それでも実際に不着があると落札者は色々と問い合わせてきます。
そんな場合は、面倒ですが出来る限りの対応をするようにしましょう。
保証のないサービスでも、だいたい運送会社に問い合わせれば、出来る限りの追跡はしてくれます。
それで商品が見つかった試しは一度もないのですが・・一応問い合わせをするということが重要です。
その問い合わせた内容をそのまま落札者に伝える様にして納得してもらいましょう。

7. 評価は大事

さて、無事に発送が完了したら、評価をします。
私の場合は、商品を発送した時点でこちらから「非常に良い」の評価をしています。
その方が評価を忘れることもないし「非常に良い」を貰った人に悪い評価はつけにくくなるからです。

それでも、ごく稀に悪い評価をつけられることがあります。
そんな時でも、できるだけ丁寧に(評価上で)謝っておくのが無難です。

オークションにおいての評価は非常に重要で、「悪い」評価がたくさんあると、入札率が下がることがあります。
しかし、落札者が見ているのは、「悪い」という評価そのものよりも、その後の対応をみています。

たま〜に、評価欄で言い合いをしている人がいますが、そんな人たちには関わりたくないなぁ・・と思うのが普通です。
どんなに悪い評価をつけられても、冷静に丁寧な言葉遣いで返答していれば大丈夫です。
そのやり取りはすべて見られているので、どんなに頭に来ても丁寧な姿勢で返しておきましょう。

面白い評価を集めたページを見つけました。
かなり笑えるんで、おヒマな時にでも見てみて下さい。
▶︎笑えるヤフオクの評価コメント

ヤフオクで売る為のポイント

一通りのオークションの流れを紹介しましたが、売る為のポイントは、「落札者の気持ちになること」と「好きな商品を売ること」だと思います!

自分も落札者だったので、「落札者の気持ちは良くわかる」と思っていたのですが、いざ、出品に集中しすぎると、「売ってやろう」という気持ちが大きくなってきて、落札者の気持ちを考えなくなりました。
その結果、売れない商品の在庫を抱えてしまったこともありました・・(TT)

ネット上にはさまざまな情報が流れているので、儲かると書かれていれば色々と試したくなる物です。
そうすると、わけのわからないものに手を出してしまうようになるんです・・。

今、冷静に落札者の気持ちになって考えてみれば、「誰がそんなもん買うんだ・・」というものや「何年前の情報なんだっ・・」ていう情報にも踊らされました(泣)

私は主にアパレルをメインで出品していましたが、自分の趣味のジャンルとは違う服に手を出し始めた時は、正直言って楽しくなかったです。
好きではないものを出品 → 説明文にも熱が入らない → そんな商品はやっぱり売れない → 在庫

儲けに目がくらんで、オークションを楽しめなくなってしまってからは、モチベーションもガタガタに下がりました。
まあ、「好きな商品」とまではいかなくても、興味が持てる商品を扱った方が長続きできると思います。

sponsored link