「夏の葬列」っていう話知ってますか?

小学校5〜6年生の時の国語の教科書に載っていた話で、戦争の頃の話です。
今思えば、教科書に載っているくらいだから、凄く短い文章なんだけど、強烈に心に残ってるんですよね。

で、あの話と、CoccoのRainingっていう曲の歌詞が凄くかぶるんですよ。
これって私だけなのかな??

Rainingを聴くと、パァーッと「夏の葬列」の風景が見える感じがする。

夏の葬列のあらすじ

(良く考えたら、夏の葬列を読んだのって、もう25年くらい前の話になるので内容はかなり間違ってると思う。)

主人公の男が、小さかった頃はまだ戦争中で、都会から田舎へ一人で親戚の家に疎開していた。
そんな主人公が、大人になってから久しぶりに疎開していた田舎へ戻って来ると言う話。

主人公には疎開先で仲良くしていたヒロコさんっていう、年上の女の子がいたんです。
ある日、いつもの様にヒロコさんと麦畑(じゃないかも)で遊んでいると、突然米軍の戦闘機がやって来るんです。
(この部分、私の中では「禁じられた遊び」の最初の空襲の場面のイメージです。)

主人公は、急いで畑の中に隠れるんだけど、同時に「そういや今日のヒロコさん、真っ白のワンピース着てて超目立つじゃん!やっべ、ヒロコさんコッチ来たら狙われるじゃん。来るなよ!来るなよ!」みたいな感じで、ヒロコさん来ないで〜って思いながら畑に隠れる。
だけど、ヒロコさんは「大丈夫!?私が守ってあげるわ〜」的な感じで主人公の方へ駆け寄って来ちゃうんですよ。
んで、主人公は「いや、まじ来んなって!!」って思いながら、駆け寄って来たヒロコさんを、無意識に(?)突き飛ばしちゃう。

その瞬間、ヒロコさんは米軍機に撃たれてしまい、畑の中をゴムまりの様に弾ける。←この表現が怖かった
ヒロコさんはそれで死んでしまったわけではなく、瀕死の重体になるんだけど、その直後に戦争は終わり、主人公は疎開先から都会に戻ってしまうんです。
だから、ヒロコさんがその後どうなったかは分からない。

分からないっていうか、怖くて知らない様にしてたんだと思います。
「自分を助けに来てくれたヒロコさんを突き飛ばして、殺してしまったかもしれない」って思うと、怖かったんだと思います。

で、そんな主人公が大人になって、久々に疎開先に戻ったら・・・田舎道に行列を作っている葬列に出くわすんですね。
その時に、参列者の一人が持っていた遺影を見ると、なんとヒロコさん!!
ヒロコさんが大人になった遺影だったのです。

その事で、主人公はヒャッホーイってなるんですね。
自分が突き飛ばしたヒロコさんは、あの時死んでいなかった・・・つまり、自分はヒロコさんを殺していなかった!!
ずっと抱いていた大きな罪悪感から解放された瞬間です。

で、急に足取りも軽くなり、調子に乗った主人公は、参列者の一人に聞くんです。
「亡くなった女性は、体に何か大きな障害とかありませんでしたか?」みたいな事を。
あの時撃たれたヒロコさんの具合はどんな感じだったのかを知りたかったんでしょうね。

そしたら、「体は健康だったけど、●年前に一人娘が銃撃を受けて死んでしまって以来、精神を病んでしまっていた。あの遺影は、ちょうどその頃の元気な時の写真なんですよ。」と言われる。
つまり、この葬列はヒロコさんのお母さんの葬列だったんです。

自分が殺してしまったかもしれないと思っていたヒロコさんは、やっぱりあの時に死んでしまっていた。
その上、それが原因でヒロコさんのお母さんは精神を病んでしまっていたという・・・
ここで、主人公はどん底に叩き落とされて、この話は終わり。

▼私の記憶は間違っているかもしれない・・・正確な話はコチラです

凄い話ですよね。
多分この主人公がした事って、誰にでもありえることなんですよ。
自分だったらどうするだろうって思うと、答えが出ない。

そんなモヤモヤする気持ちと同時に、夏の美しい田舎の風景がパァーって広がる話。

sponsored link

CoccoのRaining

CoccoのRainingっていうと、注目されてた部分て「髪がなくて今度は腕を切ってみた。切れるだけ切った。」という強烈な歌詞だったと思うんですよね。
確かに、衝撃的な歌詞です。

でも、私はもっと全体的な雰囲気が、あまりにも「夏の葬列」ぽくて、生死を感じさせる妙な美しさがある歌詞だなぁ〜って感じたんですよね。
「白い服」と「行列」という歌詞がかぶるだけでなく、Rainingの歌詞から漂って来る死臭が凄く「夏の葬列」にかぶるんですよ。

Rainingを初めて聞いたのは、「夏の葬列」を読んだ5年後とかなんですよね。
そのせいか、二つのイメージがリアルに繋がっちゃたんですかね。

ってなことを、この動画を見てて思ってました。

この動画↓
CoccoのRaining(ライブ映像)

良い曲ですねぇ。

sponsored link