2つの英語発音を良くする方法。

1.カリスマ英語講師の安河内先生がおススメする、洋楽を聴いて英語の発音力UPする方法。
2.英会話教師の植松眞采美さんが開発した、植松メソッドを使い、ネイティブと同じ発音になる方法。

洋楽で英語の発音力UP

安河内先生おススメの1曲で発音の勉強ができます。
エルトンジョンの「Can You Feel the Love Tonight」(ライオン・キングのテーマ曲)です。

Youtubeで聴く→Can you feel the love tonight – Elton John

この歌のサビの部分が歌えれば、日本人が苦手な「L」と「R」の発音をマスターできるんだそうですよ!!

「That’s right」その通り
このrの部分を、lで発音してしまうと・・

「That’s light」それは明かりです
になってしまいます。

しかし、この曲が歌える様になれば大丈夫。

(サビの部分の歌詞)
And can you feel the love tonight
How it’s laid to rest?
It’s enough to make kings and vagabonds
Believe the very best

sponsored link

Lの発音

唇の形発音

まずは、サビの一行目でLの発音を学びます。

And can you feel the love tonight
今夜君は愛を感じることが出来るかい

Lの発音のポイント
Lの発音は上の裏の歯茎に舌を当てる

単語の後ろにLがある場合:舌を話さずに「う」に近い音で終わる

単語の前にLがある場合:歯茎から舌を話しながら発音する

同じLでも発音が微妙に違うというところがポイント!

Rの発音

次にLとRの発音の違いを学びます。

How it’s laid to rest
それは安らぎをもたらす

Rの発音のポイント
舌先はどこにも接触させずに発音する

VとBの発音の違い

日本人が最も区別が苦手とする発音が「V」と「B」だそうです。

Best:最上

という意味のBestの「B」を間違えて「V」にしてしまうと・・

Vest:袖無しの服

になってしまいます。

Believe the very best

このフレーズにはBとVが4つも出てきます。

Bの発音のポイント
上下の唇を接触させて発音する

Vの発音のポイント
上の歯を下唇に接触させて発音する

Believe the very best
最善を信じる

この2つの違いを意識しながら歌うと「B」と「V」の違いをマスターできるとの事です。

続いて、植松メソッド↓↓↓↓

舌の筋トレでネイティブと同じ発音に

日本人と欧米人では、舌の筋肉の付き方が全く違います。
その為、ネイティブと同じ舌の筋肉を鍛えることによって、正しい発音を手に入れることができるのだといいます。

もともと日本人にも英語ネイティブの人と同じ舌の筋肉はあります。
しかし、日本語をずっと話していたので退化しているんだそうです。

英語特有の中間音

「Cat」や「Bath」などに使われる「æ」の音は日本語にはない音なので、日本人にとっては難しい音です。

日本人が「Cat」と発音すると、舌の真ん中の部分がへこむんだそうです。
しかし、ネイティブの場合は舌の先端がへこみ、左右へ引っ張り上げられるのです。

cat発音

発音矯正方法

割り箸で舌をつつきます。
直接舌をつつくと、筋肉を意識することができるのです。

先生に割り箸でつついてもらって行うのですが、鏡を見ながらでもできるかな??
マスターすると骨格まで変わってくるそうです。

英語に限らず、日本語と外国語では発音が違うので、外国語の発音を一生懸命に練習すると顔つきが変わります!顔やせ効果があります!
これは、経験があるので本当ですよ。
ただし相当に一生懸命発音練習した場合ですが…

sponsored link