出たーーーーーッ!!
もう12月も下旬にさしかかるというのに、またデカい虫が出た。

古民家とか隙間だらけだから

うちは古民家っていうか、ただの古い平屋なんだけど、想像以上に隙間があるみたいで、とにかく寒い。
そして、どっからどう入ってくるのか、どでかい虫がこの時期でも出てくる。

今も寝ようと思って電気を消したら、ガサガサッと音がするので「まさか、ど、泥棒!?」と思って、音のする縁側の方へ向かうと・・

コウモリかと思うくらいに真っ黒くてデカい蛾がいた。
ひとりなんで「キャー」とか言ってる場合じゃないのよ。
咄嗟に「なんでだーーーっ!」って叫びました。

一体どこの隙間から、あんなにデカイ蛾が入って来たのだろうか。
そして、こんなに寒くてもキャツは活動するのか。

もう、見なかった事にして寝ようと思ったんだけど、部屋に侵入されて粉的な物(鱗粉)をまかれたらいやなので、夏用に買ってあった蚊帳を広げる事にした。
ここでは、冬でも蚊帳が必要です。
(スケスケなので、粉は避けられない気がするけども)

むしろ冬場はテントの方が防寒効果もあっていいのかもな。
テント買おうかな。

追記:2日後に大きな蛾は家から追い出す事が出来ました。
よく見たら真っ黒いセミみたいなやつでした。ブルブルブル

sponsored link

真冬でこのレベルだから春になったら・・・

想像しただけで恐ろしいけど、梅雨時期とかどうなっちゃうんだろう。
つい先日も、タランチュラみたいな東京では見た事の無い蜘蛛まで侵入して来た。

▼苦手な人もいそうなので、一応モザイク入れてみました
田舎の問題

デカいし意外と動きが速いので、怖くて泣きそうだったけど、泣いた所で誰もいないので、無言で闘った。(省エネモード)
さすがに寒さで弱っていたのか、私でもどうにか退治できたけど、春に遭遇したらやられていたかもしれない。
ちなみに、退治っていっても、新聞紙を重ねてフワッと庭の方まで持ってって落としただけ。

ゴキブリやハエなんて、お友達かってくらいの頻度で会ってるし、12月に入っても蚊が飛んでいた日もあった。
もちろん、バッチリ食われた。

田舎だから、虫は多いだろうな・・・とは想像していたけど、虫のサイズがデカいのは想定外だった。
そんなのは沖縄くらいかと思っていたのです。
東京で見かけていた蜘蛛なんて、みんな赤ちゃんみたいなものだったのかな。
あの頃は、そんな小さな蜘蛛を見て「私って割と虫だいじょうぶかも♪」なんて思っていたんです。

隙間から入ってくる虫

ゴキブリやハエには虫除けが効くと思うんだけど、蜘蛛とか蛾はどうしたらいいのでしょうか。
寝る時は蚊帳に入っちゃえば問題ないと思うんだけど、知らない間に部屋に入って来ちゃうのは諦めるしかないかもしれない。

気休めにヒノキやミントオイルなんてのを臭わしてみたりしても、やっぱり不安です。
てゆうか、こんなに寒くても侵入してくる虫たちが、天然素材のオイルで退散するはずが無い。
とりあえず、春まではまだ時間があるので、じっくりと対策を練ろうと思います。

☆追記:梱包用のプチプチを窓の隙間を塞ぐように貼れば、虫も入って来ないし、防寒効果もあって良いと、友人に教わりました。
しかし、夏はどうしたらいいんだろうか。

sponsored link