Google検索でクチャラーと入力すると、
死んで
気持ち悪い
頭 おかしい
殺意
イライラする

…などなど、かなり世間からはクチャラーという存在は嫌われている様です。
そりゃそうか。

気にならない人もいる

実は、クチャラーと言う存在は知っていたんだけど、個人的には全然気にならなかったんですよ。
韓国に住んでいたこともあるせいか、クチャクチャと音を出してた食べる人を「美味しそうに食べるなぁ^^」なんて微笑ましく思っていたレベル。

そんなに心が広かった私なのですが、今年から急にダメになりました。
これは、突発性難聴を患った後からです。

突発性難聴は、ちゃんと治ったんだけど、その後から聴覚過敏が酷くて、一時は耳栓をつけて生活をしていました。
今は、そこまで酷くないので、耳栓はしていないんだけど、やっぱり以前と比べると、耳が敏感になっているんです。

sponsored link

実は、まわりにクチャラーが多かった

今まで何度も一緒に食事をしたことのある友人と、ご飯を食べにいった時の事。
「いや〜難聴治ってよかったねクチャクチャクチャ^^ピチャッあ、これ旨いクチャ、ちょっと、食べてみなよ、クチャッ、ほら」
と言って、友人が皿を差し出して来たんだけど、なぜだか気持ち悪く感じちゃったんですよね。


あれ?この人って、こんなにクチャクチャ音を出しながら食べる人だったっけ??

もう、そこからずーーーーーーーっと、クチャクチャする音が気になっちゃって、気持ち悪い。
途中から怒りに変わってくる。


なんで、そんな音を立てるの?口をしっかり閉じようよ!

最終的には耐えられなくて、鼻歌を歌いながら食べました。
もちろん友人は「は?どうした?」と戸惑っていたけど、クチャ音がうるせーからだよとは言えずに、「気にしないで」って言って食べました。
まあ、それでもクチャ音は聞こえるんだけどね。

その友達は、多分ずっと前からクチャラーだったんですよね。
たぶん難聴の後遺症で、私が一方的に気になりだしちゃっただけなんで、いきなりここで注意する事なんて出来なかった。
(とは言え、立派なクチャラーなので、周りの人は嫌がっている可能性が高い)

あと、驚いたのが、うちの母親。
久々に実家に帰ったら、母親もクチャラーだったことが判明したんです。

もちろん年を取って、唾液の分泌が減って来たからとかいう原因もあるかもしれないんだけど、基本的には昔からクチャラーだったんだと思う。
だって、二十歳くらいの頃に「母さんはいっつも美味しそうに食べるね」って、母親に言った事があるんですよ。
その時もたぶん、クチャクチャと音を立てて食べる様が、美味しそうに見えたんだと思う。

どっちが正常なのか

以前はクチャ音を聞いても、全然不快じゃなくて、むしろ美味しそうに食べるなぁ〜とか思ってたんですよね。
それが、急に不快な音へと変わってしまった。
難聴になるまでは、不快な音じゃなかったという事は、本来はイヤな音じゃないのかな?と。

でも、世間的にはクチャ音は不快な音なんだよね。
私も今はクチャ音を超絶不快に感じているので、「クチャクチャ言わせるのは、美味しいって事…とかいう考え方は、頭がおかしい」としか思えません。
過去の自分を完全否定です。

しかし、辛い。

今後、クチャラーに遭遇してしまったら、どうやり過ごせばいいのだろうか。
外食とかで、全然見知らぬ人がクチャラーだったら、イヤホンで音楽聴きながら食べれば良いと思うんですよ。
でも、家族とか友人だと、そうはいかないよね。

自分もクチャラーになる…とか?いや、無理だ。無理。そんな自分イヤだ。
クチャ音立てて食べるくらいなら、両耳に箸突っ込んで自爆するわ。

とにかく、クチャラーに困ってます。
解決策は全く思いつきません。

あ、また耳栓持ち歩く…か。
「突発性難聴の後遺症なのか、聴覚過敏になっちゃって、人の咀嚼音が凄い音で聞こえる様になっちゃったの。だから、耳栓させてもらいますね。」
と、断ればいいんじゃないか?
これくらいなら、親や親しい友達になら、言える。

よし、これで行こう。

sponsored link