英語は何年やってもダメダメな私ですが、韓国語なら少し自信あります。
とは言ってもペラペラレベルでは無いんだけど・・・割と色んな教材を試したりしたことあるので、韓国語教材には詳しいと思います。
(情報は古いかもしれないです)

カナタ韓国語学院の教科書

英語とは違って、韓国語は日本人なら独学でも習得出来る言語です。
実際に独学でペラペラの日本人を何人も見ました。
(私自身は、韓国の語学学校に通ったので独学じゃないんだけどね)

で、おすすめはカナダ韓国語学院の教科書です。

オススメしておきながらなんですが、実は私が最初に使ったのは、この教科書じゃないんです。
私が最初に使ったのは、延世大学の韓国語教科書なんです。

延世大学が作った教科書が、韓国語学習では王道とされていました。
今現在、韓国の語学学校で使われている教科書は、だいたい延世大学の教科書を参考にして作られたものだと聞いています。
とにかく、延世大学の教科書は、昔から使われている優秀な教科書です。
私も実際に、延世大学の教科書で学んでみて、実に完璧な教科書だったと思います。

ただし、ひとつ欠点を言うと、古いんですよね。

何度も改正を重ねているので、現在の延世教科書は、私が勉強した時(2000年代前半)よりも新しくなっていますが、それでもやっぱり表現に硬い部分があるな〜と感じます。
教科書の表現をそのまま使うと韓国人に笑われたりもしますが、そうやって笑って訂正してくれる韓国人の友人がいる人には良い教科書かもしれません。

そこで、オススメするのがカナタ韓国語学院の教科書です。
このカナダ韓国語学院ていうのは、元々は延世大学の韓国語学堂の韓国語教師だった先生達によって作られた学校なので、基本は延世大学の教え方に似ているんです。
それを、もっと日常的に使いやすい表現にしていたり、分かりやすい教え方にしている学校です。

「将来は、韓国語の翻訳家や通訳になりたい!」とかいう高い志があるなら、延世大学の教科書でも良いかもしれません。
でも、最初の一歩を踏み出すには、カナタ韓国語学院の教科書の方が、分かりやすいと思います。
特に独学で勉強したい人にはカナダの方が向いていると思います。

▼ワークブック(問題集)も一緒に使うと効果倍増

sponsored link

初心者は発音に力を入れた方が良い

韓流ブームで、韓国語学習の本はたくさん出ているけど、簡単にしすぎて重要な内容を省いている本もあるので要注意です。
特にカタカナで発音ルビをつけている本は、やめた方が良いと思いますよ。

後々、単語を覚える時なんかも、発音があやふやなままだと、スペルミスが多くなります。
「あれ?これって・・ウ(u)だったっけ?ウ(eu)だったっけ??」みたいな感じで、カタカナで覚えちゃうと、両方同じだから分かんなくなっちゃうんです。

英語とは違って、韓国語の発音は何度も聞いて慣れればネイティブに近い発音を会得できます。
実際に、そういう日本人も多いです。(私は微妙ですが)

逆に、高レベルな韓国語を理解できる様になっても、日本語の発音やイントネーションのままの人も結構います。
単語や文法は、あとからいくらでも覚えていく事ができるんだけど、発音って途中で矯正するのが凄〜く難しいんです。
最初が肝心なので、発音の勉強はしておいた方が良いと思います。

そういえば韓流ドラマやK-POPが好きな人には、発音がうまい人が多いですね。
やっぱりリスニングは大事なんだと思います。

な〜んて、偉そうな事を書いてみました。

sponsored link