なんとなく行ってみたフィリピン留学が、思った以上に良かったので、機会があれば、また語学留学したいな〜と思っていました。

そして、フィリピン留学から数年後、費用と時間を捻出出来そうだったので、もう一度語学留学をすることにしました。
同じフィリピンでも良かったんだけど、気分を変えて別の格安留学をしてみることにしたんです。

ネットで探してみた結果、フィリピンの次に安く行けそうだと感じたフィジー留学にすることにしました。

フィジー留学の説明を聞きにいく

早速フィジー留学の最大手(?)の代理店に問い合わせたら、すぐに電話がかかってきて「説明をするから来社して欲しい」と言われました(-.-;)
実は、この時点でフィリピン留学の時との違いに戸惑い、面倒くさくなっていました。

フィリピン留学をする前にも、何件か問合せをしたり、説明を聞きにいっりしたんだけど、だいたいどこも、もう少し適当というか、ゆるい感じだったり、狭いマンションの一室みたいな会社だったんですよね。
しかし、フィジー留学の代理店は、それはそれは、立派な建物の会社で…私は、それが逆に、会社の運営費とかにお金がかかってるってことは、その分留学費用が高くなってるじゃないの?と疑ってしまいました。

立派な建物の中に入ると、とても感じの良い担当者が、非常に丁寧にフィジー留学の説明をしてくれました。
海外に行った事の無い人だったら、それが安心に繋がるのかもしれないけど、適当で格安だったフィリピン留学を経験している私にとっては、堅苦しいと感じてしまいました。
費用もネットで見た数字よりも、何だかんだで高くなってるし…。

話しを聞くと、フィジーに英語学校を初めて作ったのが日本人だったようで、そのせいで(?)手続き等がとてつもなく、面倒くさくしっかりしているのです。

病院に行って健康診断をしてもらって、その結果を英文で出してもらって…とか、め、め、め、面倒臭い。
提出する書類も多いくて、ワケが分からない。

それでも、「勢いで申し込んじゃえ!」ということで、手続きを進める事にしたんです。
で、色々な書類の説明を、右から左へ聞き流しながら「うんうん、はいはい」と相づちをうっていると、担当者が「それでは、これらの書類にサインをしてください」と大量の契約書を広げてきました。

え、なになに、聞いてなかった、え、なに?この量…

だいたい「何かあった時には、自己責任ですよ」的な文章だったと思うんだけど、こんなのフィリピンの時はいっさい無かったというか、ネットで申し込みをクリックして「はい、ありがとうございました」で終了だったのに、こんなにサインをしなければならないの?

ここら辺で、書類にサインする事が多すぎて、急激に冷めてきました。

一番、納得がいかなかったのが航空券です。
私は空港から学校まで自力で行きたかったのですが、それは不可能との事でした。
迎えに行く者がVISAの手続きとかをするから、かならず指定の時間に到着してもらわないと駄目なんだとか。
到着する便が決まっているということは、自分で格安の航空券を探して買えないってことです。
そこで「提携している旅行会社があるので、こちらで手配した方がお得です」と、まったくお得ではない値段を提示されました。
ああ、こういう所で儲けてるのかな、と。

私は、格安の英語留学って、その適当さにも魅力を感じていたので、堅苦しい感じのする留学はイヤだな〜・・と思い、途中でキャンセルしました。
キャンセル理由を聞かれたので「どうやら私の行く国では無かった様です」と言うと、担当者は「はぁ…そうなんですか」と、何となく察してくれたようでした。
最後まで、丁寧で感じは良かったです。

そして私は、マレーシアに英語を習いに行く事に決めました。

sponsored link