まずはヤフオク失敗談4つ

ヤフオクで稼いでいる時は、色々な失敗をたくさん経験しました。
ほとんどが自分のイージーミスなのですが・・

昼間は普通に会社勤めしていたので、作業時間が足りないことが多く、ついついミスしちゃってたんですよね〜っていう言い訳です。

sponsored link

失敗談【1】入金確認のミス

nyukinkakunin

出来るだけ入金確認をしたその日のうちに発送する様にしていました。

とある落札者は評価はまだ2と少なかったのですが、とてもしっかりとした感じのやり取りができる方で「本日中にゆうちょ銀行へ入金します」との連絡がありました。
夕方の時点で入金の確認は出来ていなかったのですが、そろそろ郵便局が閉まる時間だったので、他の発送と一緒にまだ未確認だった商品を一緒に発送することにしました。
そして、ちょうど帰宅した頃に「入金しました」の連絡ももらいました。
先に発送しておいてよかった〜^^と思い「こちらも発送致しました」との連絡をしました。

しかし・・

実は入金されていなかったのです。

その事に気付いたのは次の日です。
別の入金確認をしていた時に、ふと入金が足りない事に気付いたのです。

もしかして、別の銀行?と思い、他の銀行口座もすべて調べましたが、入金されていません。
間違えて入金しちゃったのかな?と思い、丁寧に連絡しました。
「昨日商品の方は発送したのですが、入金の確認が出来ていませんでした。申し訳ございませんが、振込先と振込時間がわかりましたらご連絡いただけますか?」
と。

しかし、返事が無い。
あ・・・れ??

そして、1日くらい置いて再度連絡してみる。が、返事は無い。

これはヤバいかもと思い、最後の手段の評価から連絡をしようと思い評価ページを見ると、私以外の出品者達から、
「入金確認ができていません〜」
などの、評価が入っている。

ありゃりゃ、もしかして、やられたのかな??
と思い、私も評価欄から丁寧に連絡してみる。

が、やはり連絡はありませんでした。

もしかして病気か何かで・・とも思いましたが「入金しました」の連絡が来ていて入金が無いっていうのは、故意にやられたと考えるのが自然。
その後その落札者の評価欄にはクレームの嵐でした。
私と同じ様に「入金しました」の連絡で発送してしまった人もいるみたい。
(そもそも私はそれ以前に発送しちゃってるんだけど・・)

結局その落札者からは入金のないまま。
先に発送してしまった私がいけないんだし、金額もたいした額じゃなかったんだけど、凄く悔しかった。

失敗談【2】評価にクレームが来たよ(-_-;)

hyoka

何かあった時は評価ではなく、取引ナビから連絡ください
と記載していても、だいたいクレームは評価に来ます。

評価「悪い」髪の毛が混入していました。今後は気をつけてもらいたいです。

の様なクレームが来た時は「神経質な奴だな〜中古の服なんだからそんくらい我慢してくれ!」とか思いました。
しかし、グッとこらえて、その評価に返信をします。

「この度は不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした〜〜〜〜」てな感じに。

ホントはちっとも悪いと思ってなくても、丁寧な姿勢をアピールします。
その落札者に向かってではなく、その評価を見ている閲覧者に向かってです。

まぁ、でも私の貰った悪い評価なんて可愛いもんです。
以前に「ヤフオクの面白い評価」を集めたサイトで、

「商品にウ●コがついていました」

というのを見かけた事があります(笑)
そんな評価をつけられたら、どう返しゃ〜いいんだか・・

とにかく、内心ではどう思っていようと、オークションでの評価は丁寧に穏便に!!

失敗談【3】発送先を間違えた

haisou

発送後に落札者から連絡が来た。

「落札した商品と違う物が届きました」

・・やっちまった〜\(^o^)/

どうやら、別の落札者に送るはずの商品を送ってしまっていた様です。
と、いうことは、もう一人にも商品が間違って届いているはず・・
嗚呼・・なんて面倒なことをしてしまったんだ。

両方ともメール便で発送していた商品だけど、送り間違えは私の責任なので、宅配便の着払いで戻してもらうようにお願いする。
そして、手元に届いたら、それぞれに送る。
しかも、この時点で日にちが結構経っているので、宅配便で送る事にする。

結果、宅配便で往復分の送料×2がかかってしまった。
ついでに、発送や連絡の手間もかかってしまった。

こんなに面倒なことってない。
だから、キチンと確認してから発送!!!と、自分に強く言う。

なのに、このあと同じ事をもう一度やらかしました・・。
しかも未遂も2件ほど・・
(発送直後に気付いて慌てて郵便局、コンビニに走り事情を話して荷物を探してもらった)

これは、単に扱う数が多くなった為のミスというよりは、私のおおざっぱな性格に原因があったんだと思います。

失敗談【4】出品中の商品に不具合が・・

card

会社の忘年会のビンゴゲームで当たったiTunesカードを出品していた時の事。
「金券関係は、たいした説明がなくても簡単に売れるからラクチンだなぁ〜」なんて思いながら値段が上がるのを観察していた。

出品していたカードは5000円のカード。
普段は1円からの出品はやらない派なのだが、確実に入札があるものは1円からスタートにして注目させた方が人が集まるので、このiTunesカードは1円からの出品にしていた。
案の定、たくさんの人にウォッチに入れてもらい、入札金額も徐々に上がってきていた。

そして、終了近くなり4000円を超えた頃、質問が来た。

「有効期限はいつまでですか?」

え・・?ゆうこうきげん??
そんなんあるの??

イヤな予感がした。
そのカードは1年以上前の忘年会で貰った物だからだ。

おそるおそる有効期限を確認すると・・

とっくに切れてるぅう\(^o^)/

嗚呼やっちまった。
入札も、たくさん入っているので、もう今更後に引けない・・
ここでオークション取り消しにしたら、悪い評判がたってしまう・・

悪知恵を振り絞った私は、もう一つの別IDを作って自分で入札することにした。
(こんなこと、ホントはやっちゃイケマせんが。)

そして、落札・・
そしてそして、落札手数料分がマイナスになる。
そしてそしてそして、入札者の皆々様、申し訳ございませんでした<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

ヤフオクの成功体験2つ

さて、お次ぎは成功体験談です。
ヤフオクやってると、意外な商品にビックリする様な金額がつく事があるんです。

成功体験【1】切り抜きがなんと10万円を超えた

kirinuki

私のオークション出品歴の中で、もっとも高く売れたのが「切り抜き」です。

この切り抜き自体も以前にヤフオクで500円くらいで落札したものでした。
某韓流アイドルの雑誌の切り抜き50ページくらいです。
私が落札した当時は、まだ韓流もヨン様も日本では知られていなかった頃なので、送料込み500円で落札できたのです。
なんでそんなモノを落札したかっていうと、単に私の趣味がマニアックだっただけの話です。
良く言えば私に先見の明があったのです。

時は過ぎ、韓流ブームがやってきて、オークションでも韓国スターのレア商品が高値で取引されています。
しかし、私の持っていた切り抜きは古い物だし、そんなに日本で流行っているスターでもないので、売れないだろうな〜・・けど捨てるのも勿体ないしな〜という程度の気持ちで出品しました。
それが、大当たりしたんです。
なんと3人くらいの入札者が競い合ってくれたおかげで、10万円を超えたのです!!

オークションで10万を超える入札があったのは、後にも先にもこの時限りです。

味をしめた私は、他にも同じ韓流スターの商品は無いかな〜と家中を探しましたが、CDくらいしかありませんでした。
CDじゃ誰でも買えるし、無理だろうな。
と、試しにAmazonで見てみると・・(※本やCDやゲーム類などはAmazonのマーケットプライスを見ると中古値段の相場が簡単にわかります。)

なんと、廃盤になっていて数万円になっていた!!

なので持っていたCD4枚程もヤフオクで売って合計5万円程になりました!!
意外な物が高値で売れると「オークションって楽しい^^」って思っちゃいます。

成功体験【2】拾った本が何と・・

hon

朝、会社に行く前に燃えるゴミを出そうとした時の事。
ゴミ捨て場に本が置いてあった。

資源ゴミの日に出せばいいのになぁ〜

なんて思いながらも、ゴミを出し駅に向かおうと歩き出した時、、

もしかして、あれオークションで売れないかな?

と思い、引き返して本を拾ってみました。
(ホントはゴミを持ち帰ってはいけない)

それは、販売の資格(?)の本のようで、ちょっとマニアックすぎるから売れないかも・・
と思いAmazonで調べてみると、データが無い。

こりゃ〜売れないかなと思ったけど、念のためオークファンでも落札相場を調べてみた。
するとなんと、同じ様なものが過去に3,000円程度で落札されていた。

これは、もしかしてイケルかも♪

そして実際に出品してみた。
値段はちょっと強気に3,000円からにしてみた。

ウォッチは2、3件のみだったけど、最終的にはなんと7,000円になった!

これはオイシイぞ・・と思った私は、資源ゴミの日に本を探しに行こうと思ったが、資源ゴミを持ち帰るのは条例違反ということが判明。
あっさりと諦めました。

でも、あきらかに業者みたいなトラックが、売れそうな資源ゴミを選んで、持ち帰ったりしてますよね〜
結構堂々とやってるけど、捕まらないのかなぁ・・

sponsored link